アウトソーシング

アウトソーシングとは、社内の特定の業務を外部の専門性の高い専門の会社に委託することをいいます。1980年代にアメリカで採用されるようになった経営手法で、90年代に入って日本でも活用されるようになりました。当初は、情報システム部門が中心でしたが、やがて経理、人事など間接部門全般、そして物流、開発業務、製造プロセス、電力供給などあらゆる分野に拡大してきています。

アウトソーシングの関連の情報