遺産相続に弁護士

『遺産相続に弁護士』の質問(Q&A)

カウンセリングを受けるときは未成年だと保護者の同意が必要なのでしょうか?
そうでもないと思うよ。 親に虐待されていたりもあるからね。 スクールカウンセラーもいたりするしね。
もう作業所へ行くのも、カウンセリングも、どうしても しんどくなって行くのを止めています。 カウンセリングで自立や 1人での外出を言われたこともあるし(ちょくちょく前から言われてたけど…) 疲れたなっていうのが正直なとこです。もう行きたくない。私は弱虫でしょうか?また、しばらく家にこもる生活が続きそうです。まぁ趣味とか楽しめるようになっただけ良いかな~…不安定な時は、家でも何もできなかったから。。。...
趣味を楽しめるようになったことは、とても素晴らしいことですね? 作業所やカウンセリングに行くのがしんどいようでしたら、 しばらくお休みしては如何でしょうか? しかし、さしつかえなければ、ご病気を教えて下さい。 うつ病や、統合失調症であれば、通院やカウンセリングが必要だと思います。 決して弱虫ではありませんよ? 誰だって嫌なものは嫌です。 生活に困っていなければ、また少し休養をとることも大事かと思います。...

『遺産相続に弁護士』に関するブログ記事

平成27年7月1日より「ベビ待ち相談室」(不妊相談室)を始めます。
医師との診察が必要となりますので外来受診のご予約が必要です。)
*患者様ご本人またはご夫婦以外のカウンセリングへの同席はお断りしております。
(お子様連れもご遠慮頂いています)
通院日(6/9)
きっと行くとき 大人しかったのは、自分が言わなきゃいけないセリフを考えていたのかもしれないですね。
会計を待ってるとき、カウンセリングでお世話になった心理士の先生とお会いしました。
特に会話はしていないですが、深々と頭を下げて お互い笑顔で挨拶しました。
...

注目キーワード

カウンセリング教育サポートセンター
特定非営利活動法人(NPO法人)カウンセリング教育サポートセンター。 略称CESC(セスク)。 東京都港区。 前身の「東京カウンセリングスクール」は1962年設立。 NPO法人としての設立は2000年。 カウ...
カウンセリング
臨床心理学にもとづくカウンセリング(counseling)とは、専門教育を受けたカウンセラーが、クライエント(依頼者)とのコミュニケーションを通してクライエントの心理的変容を促す過程をいう。 クライエントの日常...